上手な使い方-お風呂文化伝道師がまじめに伝えたいオブクレイの上手な使い方-

潤いのある美しい素肌へ。~理想のお肌を保つために~

うるおいある素肌を感じると気分いいですよね。理想のお肌を保つにはモイスチャーバランスが大切。乾燥を招かないためにはぬる湯がおすすめです。
オブクレイを入れた天然ミネラルたっぷりなお風呂に、20分以上の長湯を実践してみてください。全身浴では少しからだに負担が大きいので、みぞおちまでの半身浴でも大丈夫です。私たちの血液は1分間でからだをひと巡りします。
そして、血液が10回から20回からだを循環すると、潤いをすみずみまで行き渡らせることができるのです。しっかり潤ったあとは、上がり湯はせず、タオルでやさしく水滴を吸い取る程度に、お湯に溶け込んだ温泉由来成分で素肌をコーティング。まるでラップのように潤いを包み込みます。それでも乾燥が気になる超敏感肌の方は、お風呂から上がったらすぐに水分蒸発をブロックする保湿剤をお使いください。これで、黒タイツにつく白い粉も、ストッキングに引っかかるかかととも、みんな忘れられるかも。

ぐっすり眠りたいあなたにも。~快眠にはぬる湯の半身浴を~

疲れているはずなのに、なんだか寝付けない。そんな経験少なからずありますよね。疲れている時、実は心もからだも緊張状態にあります。心地よい入眠のためには、この緊張をほぐしリラックスすることが何よりも大切。それにはお風呂がいちばんです。そこで、快眠へと誘うリラックス入浴法は、やはりぬるめのお湯に20分間半身浴。夏は38℃、冬は40℃くらいが適温です。全身浴に比べ、体の芯からじわじわと体温があがってくるので、副交感神経が優位に働き、リラックスできるようになります。お風呂に入る時間は、食後の1時間から1時間半後くらいがおすすめ。食後すぐお風呂に入ると、胃液が止まり、胃腸の運動も止まるので消化不良を起こしがちになりますからご注意を。おやすみの1時間前に入浴をすれば、湯上がりぽかぽか感が緩やかになるころには自然な眠気がやってくるはずです。

運動不足・ダイエット中のあなたへ。~おすすめ入浴法は高温反復浴~

この入浴法のポイントは肩までどっぷりお湯につかること。お風呂で水圧効果を感じてみてください。お湯によってかかる圧力は内臓にも影響を与え、特に心臓には大きな圧迫となります。その結果、心筋が活発に動き、筋肉が鍛錬されます。まず、42℃くらいのお湯に5分。その後、お風呂から上がって休憩。そして、また5分の入浴。その後、休憩。最後に5分の入浴。休憩しながらシャンプーやからだを洗ったりしてみてくださいね。湯温を42℃にして全身浴をすると、ジョギングに相当する消費カロリーがあるといわれています。この入浴法は汗をよくかきますので、入浴後の十分な水分補給をお忘れなく。

せっかちなあの人にも、すすめてみて。~オブクレイ 8分ルールのご提案~

お風呂を出るタイミングって、ひとそれぞれですよね。子供の頃は、よく1から100まで数えてました。あなたはゆっくり数えられますか、それとも….(笑)
ofclayを通してお伝えしたい良さを感じていただくために、ぜひ今夜は8分間以上の入浴を試してみてください。じわじわと体の芯から温まり、額にはうっすらと汗。湯上がりは今まで体験したことのないくらい、ぽかぽか感が持続しますから。「いろんな入浴剤をためしてきたけど、やっぱりオブクレイは違う。」とおっしゃる方のほぼ全員が、この「湯上がりのぽかぽか感」を体感していただいています。

このページのトップへ